検査キットドラッグテストキットについて

日本では、薬物検査は、まだ一般的とは言えないかもしれません。しかし、海外では、入社時に薬物検査が実施されていることも多く、その後も健康診断等で検査されています。薬物による問題が起こった場合、その個人の問題だけでなく、企業の社会的責任を問われることにもなるでしょう。

ドラッグテストキットはBoson社が開発した違法ドラッグなどの禁止薬物・危険薬物を採尿により判定するための検査キットです。20種類の薬物検査と2種類の尿状態検査が可能です。

ドラッグテストキットは試験管内法の方法の一つのヴィトロ検査を基にした免疫クロマトグラフィーにて、尿検体の中にある特定の薬物に反応するように設計された簡易検査キットです。
キットA
アンフェタミン 中枢神経系刺激剤。多幸感、機敏性、エネルギー充溢をもたらす。
バルビツール酸塩 中枢神経系を抑制。高用量の急性摂取は、高揚感、呼吸抑制を引き起こす。
ブプレノルフィン モルヒネと構造的に類似しており、持続時間は長い。鎮痛剤として舌下投与される。
ベンゾジアゼピン 中枢神経抑制剤。抗不安、催眠効果、抗痙攣作用、筋弛緩効果をもつ。
コカイン 強力な中枢神経刺激剤。多幸感をもたらす。心拍数増加、瞳孔拡大、発熱を伴う。
メタアンフェタミン  アンフェタミンの合成派生物。高用量急性摂取は中枢神経系を刺激し、多幸感、機敏性などをもたらす。
メタドン 合成オピオイド。モルヒネ等の中毒者の治療にも用いられる。中枢神経と臓血管系に作用。
アヘン OPI 中枢神経系を抑制。中毒者が高用量急性摂取すると、意識崩壊、呼吸減退、こん睡などが生じる。
オキシコドン 合成アヘン。アヘン同様、鎮痛効果をもつが、長期使うと耐性ができ身体的依存が生じる。
フェンシクリジン PCP ドーパミン・コリン・アドレナリン作動系と相互作用する幻覚剤。
PH 不自然なpH(pH4以下、11 以上)の尿は、尿にアルカリ性または酸性の物質が混入していることを示す。
クレアチニン 正常尿中に存在する物質だが、その濃度が20mg/dL 以下である場合は尿が希釈されていることを示す。
◆キットB
MDMA 別名エクスタシー。合成麻薬。筋肉緊張や発汗などを起こす。
EDDP 規制薬物メタドンの一次代謝物。メタドンは、アヘン依存患者の解毒および治療にも使用される。
フェンタニル 合成アヘン。強力な麻酔作用をもち、即効性があり持続時間は短い。
ケタミン 幻覚が生じる。高用量摂取すると、精神錯乱、無力症、抑うつなどもたらす場合がある。
K2 合成カナビス。カナビスとよく似た効果をもつ。急性の精神病と関係する。
プロポキシフェン 鎮痛向けの処方薬。オピオイド受容体と結合し、モルヒネ同様の作用をもたらす。
TCA 三環系抗抑うつ剤。症状として、動揺興奮、精神混乱、幻覚、緊張などがある。
トラマドール 偽麻酔性の鎮痛剤。高用量摂取すると耐性ができ、身体依存が生じ乱用につながる。
THC マリファナに含まれるカナビノイドの有効成分。身体機能低下、抑うつ、幻覚などを引き起こす。
クロナゼパム 抗痙攣、筋弛緩、強力な精神安定作用をもつニトラゼパムの派生物。
PH 不自然なpH(pH4以下、11 以上)の尿は、尿にアルカリ性または酸性の物質が混入していることを示す。 尿の状態を検査
クレアチニン CR 正常尿中に存在する物質だが、その濃度が20mg/dL 以下である場合は尿が希釈されていることを示す。
キットA・キットB共に、ちゃんと尿で検査されたものか確認できるので、検査逃れを防ぐことができます。
PHの値がNormalの域に無い場合、尿に酸性もしくはアルカリ性の物質の混入を判断します。
また、クレアチニンは通常、尿中に存在する物質ですが濃度が20mg/dL以下の場合、尿が薄められている可能性を判断できます。このPHは尿酸値として、クレアチニンは腎臓の機能に深くかかわっているため、検体が尿かの判断以外に、健康状態の確認もできます。

使用方法

綺麗に乾燥させたガラスなどの容器に尿を採取します。
検査キット及び尿を室温にします。
検査キットを開封しプラスチック製のサンプルパッドを取り出し、カバーを外します。
サンプルパッドの先が本体のプラスチック部分、赤線より先に触れないように注意しながら、先端を尿検体に浸し20秒ほど待ちます。
サンプルパッドを容器から取り出してカバーに戻し、検査結果を確認します。

他の医薬品をオススメ

女性発情媚薬はセックスの感度アップさせ、膣乾燥、性交痛などを改善する事ができ、惚れ薬とも言います。

ED勃起不全というのは英語の「ErectileDysfunction」の略で、「勃起機能の低下」を意味します。日本では「勃起障害」と「勃起不全」と訳されます。勃起が起こらない状況に限らず、勃起している陰茎の硬さと維持が不十分であることも含めます。つまり、「満足な性交がおこなえない状態」と定義されています。

バルシビルとは製薬大手のシプラが製造販売したバルトレックスのジェネリック医療品です。主成分であるバラシクロビル塩酸塩はヘルペスの増殖を抑え単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、水痘(水ぼうそう)の治療に効果が期待されています。