薬物検査/尿の薬物検査用途

尿の薬物検査を実施されている理由は、以下のようになります。。

患者に薬物やアルコール問題が持っている場合、かかり付けの医師はこの検査を指示することがあります。

錯乱、行動が異常であったり危険である場合に、救急課の医師は尿の薬物検査を指示することがあります。

多くの会社では、従業員を採用する前に、尿の薬物検査を要求しています。

尿中薬物スクリーニングの1つの利点は、注意や集中を必要とする仕事は薬物問題を持つ人にあげません。

例えば、薬物依存症の航空交通管制官またはトラック運転手がいれば、多くの人の安全を脅かすことになります。

薬物やアルコール依存症のリハビリセンターでは、入所者に英気的に検査を実施します。

これは、薬物やアルコール乱用に対する治療を受けている人が、確かにこれらを拒否します。

薬物やアルコール関連の犯罪の執行猶予期間中、または仮釈放中には、ケースを担当する役員が薬物使用や飲酒を検証するために、

無作為の薬物検査を実施することがあります。

最後に、この検査は家庭用として使用することもできます。

例えば未成年が薬物やアルコールを使用しているかを確認するために、検査を受けさせる場合があります。

未成年への検査をしている場合、かかりつけの医師や医療専門家に事前に相談してください。

これによって検査が陽性である対処法についてアドバイスを受けることができます