薬に関わる分類と名前の豆知識

薬といえば、病気と死亡などの言葉がすぐ頭に飛び出してしまい、薬ってやはり重大なことだと思っています。しかし、日常的に使用するにはやや複雑です。そこで、もっと簡単かつ実用的に定義するならば、薬とは「体と、体の一連の働きに作用するあらゆる化学物質」とみることができます。

法律では、薬を処方薬と非処方薬の2つに大きく分類しています。処方薬は医療用医薬品として、医師の診断によって処方される薬で、処方箋がなければ受けとることができません。一方、非処方薬とはアスピリンなど、医学的な管理なしに使用しても安全であると考えられているもので、店頭で販売されている市販薬(OTC)です。OTC医薬品は処方箋がなくても、薬局・ドラッグストアなどで薬剤師等のアドバイスのもと自らの判断で選んで購入できます。

 薬の名前なら、化学名と製品名があります。化学名は、薬の構成元素や分子構造を表します。日常的に使うにはあまりに複雑で扱いにくいため、語尾をもつ一般名がつけられます。たとえば、高血圧などの治療に使われるベータ遮断薬の一般名は、いずれも最後が「~ロール」となっています。製品名は、その薬を製造または販売する製薬会社が定めるものです。特許を受けている薬は、通常、製品名で販売されます。特許期間終了後に製造される製品名で販売していた薬のジェネリックバージョンは、一般名で販売しても、製薬会社がつけた独自の製品名で販売してもかまいません。

使用時にその薬品を了解して、適切な薬物を選べたほうがいいです。